口腔外科

親知らずの抜歯、顎関節症、その他お口周辺のあらゆるトラブルに対応します

口腔外科では、お口の周辺に発生するさまざまな疾患を治療します。口内炎、親知らずの抜歯から、顎関節症の治療まで、幅広く対応する分野です。

親知らずの抜歯

親知らずとは、永久歯の前歯の間から数えて8番目に生える歯のことをいいます。
現代人のうちの多くの方は、親知らずが正しく生える十分なスペースを持っていません。

親知らずによって隣の歯が圧迫される場合や、周辺の歯肉を傷つけている場合には、抜歯をお勧めします。

親知らずの問題点

親知らずは必ずすべて抜かなければならない、というわけではありません。ただし、親知らずが生えている場合であっても、まだ埋まっている場合であっても、その危険性というものは確かに存在します。
親知らずを抜かずに「経過観察」とするには、以下の条件を満たしている場合に限ります。

  • まっすぐに生えている(埋まっている)。
  • 上下揃って生えていて、お互いが正しく噛み合っている。
  • 隣の歯を圧迫していない。
  • 周囲の歯ぐきを傷つけていない。
  • 正しい噛み合せを維持できている。

これらのうち1つでも満たさない場合は、一度口腔外科を受診し、歯科医に相談されることをお勧めします。

まっすぐに生えていないと……

→隣の歯を圧迫してしまいます。また、周囲を傷つけ、炎症を起こす可能性もあります。

上下揃って生えていないと……

→噛み合う相手がいなければ、歯はどんどん伸びてしまいます。そうなると、歯肉を傷つけるおそれがあります。

隣の歯を圧迫していると……

→隣の歯を動かし、ドミノ式に歯並びが悪化するおそれがあります。

周囲の歯肉を傷つけてしまうと……

→出血による痛み、またそこから菌が侵入し、炎症を起こすなど、口内環境を悪化させるおそれがあります。

噛み合せに問題があると……

→噛み合う際の力のバランスが崩れ、負担の分散ができなくなり、一部の歯や顎の筋肉に過剰な負担がかかります。顎の開きが悪くなり、顎関節症を引き起こすおそれがあります。

顎関節症治療

顎関節症、という名前ではありますが、必ずしも関節そのものに問題があるとは限りません。
顎関節周辺の筋肉が凝り固まっていることが原因であることも多々あります。
当院の顎関節治療では、顎関節周辺の筋肉への麻酔注射など、筋肉をリラックスさせる処置を中心に行います。また、マウスピースの使用で凝った筋肉を引き伸ばす治療も行っております。

  • 顎周辺に痛みがある。
  • 顎を動かすと音がきこえる。
  • 思い切り開くことができない。

といったお悩みを抱えている方は、一度当院にご相談ください。「以前より大きく口を開けるようになった」「痛みがなくなった」といったお声を多くの患者さまからいただいております。

噛み合せの大切さ

現在特別に痛みがなくとも、上下の歯の噛み合わせに問題を抱えている方が多くいらっしゃいます。上下の歯が上手く噛み合っていると、咀嚼の際、負担がそれぞれの歯、それぞれの筋肉に分散されます。健康な歯と歯ぐきを保つ秘訣ともいえます。

この「負担の分散」がうまくいっていない方は要注意です。片側だけで噛む癖がついたり、一部の歯、一部の顎の筋肉に過剰な負担がかかったりするなどして、お口の健康の寿命を縮めかねません。

患者さまは当然、ご自身の噛み合わせしか知りようがありませんので、噛み合わせに問題があったとしてもなかなか気付くことは難しいでしょう。症状が出る前に噛み合わせを改善し、少しでも長く健康なお口で過ごせるよう、一度当院に噛み合わせのチェックにいらしてください。

  • 審美専門 NAVI審美専門 NAVI
  • デンタル ローンデンタル ローン
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド
  • 初診予約はこちらから初診予約はこちらから
  • 072-757-4182 平日9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日 土曜午後、木、日、祝日
  • メールでのお問い合わせ
  • 初診予約はこちらから