予防歯科

削っても、「完全に元通り」にはならないから
――削らないための予防歯科

一度むし歯になってしまった歯は、たとえ削って治療しても「元通り」にはなりません。もちろん、痛みはなくなり、元の状態に限りなく近くはなりますが、削った部分は失われてしまいます。歯を削ることで、二次的なむし歯や歯周病のリスクが高まり、さらには噛み合わせの悪化などにもつながります。 
歯周病の治療にしても同様で、一度溶けてしまった顎の骨は、元には戻りません。

治療の1つ前の段階、「予防歯科」でむし歯や歯周病を防ぐことができれば、これに越したことはありません。しかし残念なことに、定期的に歯科検診を受けている人の割合は10%以下と言われています。以前より改善されたとはいえ、「痛くなってから、症状が現れてから行く」人がほとんどだということです。
痛みが治まればいい、噛めればいい、ではなく、自分の自然の歯を健康に保つためにも、定期的な歯科検診を受けられることをお勧めします。

リスク軽減、早期発見を可能にする予防歯科

予防歯科治療を行ってもむし歯になることはありますが、定期的・継続的に行うことで、そのリスクを軽減させることは可能です。

また、仮にむし歯になってしまっても、痛みのない、ごく小さな初期段階で発見することができ、そうなると当然、削る範囲を狭く、浅くすることが可能です。

ご家庭では磨き切れない歯間、歯周ポケット、歯面のクリーニング「PMTC」

ご家庭でいくら気を付けていても、歯間、歯周ポケット、奥歯の裏側など、歯ブラシでは除去しきれない汚れが存在します。そういった汚れを、歯科医院で専用の器具を用いてクリーニングするのが「PMTC」です。

歯間、歯周ポケット、奥歯の裏側のクリーニングはもちろん、歯の表面の黄ばみ、タバコのヤニを除去し、きれいになった歯ぐきも引き締まりますし、以下のようなメリットもあります。

  • 歯の表面の汚れを除去し、プラークの付着しにくい歯面を実現します。
  • 歯ぐきとの間のプラークを除去し、歯肉炎を改善します。
  • 歯の質を強化することができます。
  • 黄ばみ、タバコのヤニを除去し、光沢感のある歯に仕上げます。

自費診療扱いになりますが、多くの方にご満足いただいております。「ホワイトニングには少し抵抗がある」という方には、一度PMTCによるクリーニングを受けられることをお勧めします。

定期検診の際に行う「噛み合せチェック」

意外に思われるかもしれませんが、歯は少しずつ動いています。歯を支える力があるということは、その力同士が絶えず押し合っているということです。

バランスがとれているときは問題ありませんが、噛み方の癖、歯の欠損、脱落などにより、歯は動きます。
噛み合わせも、少しずつですが変化しているのです。バランスが崩れると、噛み合わせは大きく変化するようになり、負担を背負う歯が偏り、その歯の寿命が縮むことにもなりかねません。

定期検診の際、当院では噛み合わせのチェックまで行っております。
バランスの良い口内環境を保つために、場合によっては削るほか、かぶせものをすることもあります。

  • 審美専門 NAVI審美専門 NAVI
  • デンタル ローンデンタル ローン
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド
  • 初診予約はこちらから初診予約はこちらから
  • 072-757-4182 平日9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日 土曜午後、木、日、祝日
  • メールでのお問い合わせ
  • 初診予約はこちらから