一般歯科

無痛治療を中心とした、安心で確かな治療

一般歯科とは、むし歯や歯周病の治療など、いわゆる歯医者で行う基本的な治療を行うことです。

しかし、当院の行う治療内容は、ただ痛みを取るだけではありません。削るということは、歯の一部を失うということです。

つまり、それまでとは口内環境に変化があるということです。
削ったことで噛み合わせが悪くなれば、力の入れ具合、力のかかる場所も変わってきます。他の健康な歯にまで負担がかかり、新たなむし歯・歯周病を招くだけでなく、顎関節症などの顎の疾患にもつながりかねません。

当院では、その場しのぎの治療はいたしません。
患者さまの10年後、20年後のお口の健康まで見すえて、削り方1つまでこだわります。

無痛治療

「無痛」とはいえ、すべての治療で全く痛みがないというわけではありません。できるだけ削る範囲を狭く・浅くすることで、患者さまのご負担を軽減します。

また、麻酔の際には、ジェル状の表面麻酔を塗布してから歯肉の表面をしびれさせ、感覚が麻痺したところで注射を打ちます。

さらにその際、電動麻酔器を使用することで、人の手で行う場合には避けられない「わずかなブレ」、「注入速度の乱れ」を防ぎ、ゆっくりとした一定の速度で麻酔液を注入することができます。そのほか、患者さまに余計なご負担をかけないよう細心の注意を払って、すべての治療に当たっております。

歯周病治療

歯周病とは、主に歯の表面に付着したプラーク(歯垢)の中で細菌が増殖し、その周囲の歯肉が炎症を起こしている状態です。

歯周病は中高年の方がかかるもの、という印象があるかもしれませんが、日常生活を送る以上、実はお子さまのお口の中にもプラークは存在し、炎症も起こします。

では、なぜそのような間違った印象を持たれているのか?それは、歯周病は「痛み」が現れるのが非常に遅く、病気が進行して「痛み」や「出血」などのはっきりとした症状が現れるのが中高年に集中しているに過ぎないからです。
歯ぐきが退行して深くなった歯周ポケットには、食べかすやプラークが溜まりやすく、また除去しにくくなります。そうなると、悪循環でどんどんと歯周病は進行します。歯をしっかりと支えられなくなり、最悪の場合は、歯を失うことになります。
 
失った歯は、もう戻ってきません。入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補ったとしても、自然の歯のたくましさ、美しさ、噛みやすさには及びません。
歯周病は、体質や環境によりその進行具合は千差万別です。初期には痛みもありません。若いから大丈夫、まだ痛くないから大丈夫、と過信せず、一度検診を受けられることをお勧めします。

歯周病の治療法

ご家庭でのブラッシング、ケア方法、生活習慣の見直しに加え、ご来院の際には専用の器具を使用してクリーニングを行います。歯周ポケット、歯ブラシでは届かない箇所を中心に、プラークの除去を進めていきます。

歯周病は年月をかけて徐々に進行していく病気ですから、治療にもある程度の期間が必要となります。
院内での治療だけでなく、ご家庭での注意点のアドバイスもいたします。目標を達成できているかのチェックのためにも、定期的に来院していただき、治療を継続していただくことが大切です。

  • 審美専門 NAVI審美専門 NAVI
  • デンタル ローンデンタル ローン
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド
  • 初診予約はこちらから初診予約はこちらから
  • 072-757-4182 平日9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日 土曜午後、木、日、祝日
  • メールでのお問い合わせ
  • 初診予約はこちらから