浜田歯科医院ブログ

2017.06.28更新

審美性に優れているインプラントとはいえ、金属の土台を使うインプラントでは、その上にセラミックなどの白い歯を装着しても、中が透けたり歯茎から金属が見えたりすることが課題になっていました。

そこで当院では、金属を使わない「ジルコニアインプラント」というものを採用しております。酸化ジルコニウムという新しい素材で、金属を使用しないインプラントの土台になります。このため前歯のような審美性を追求するインプラント治療においても、美しく自然な人工歯を装着できるのです。

ジルコニアセラミックは、強度と安定性に優れ腐食しにくいという特徴があります。時間が経った後も、奥歯などの強い噛み合わせにも耐えられます。また、これまで以上に天然歯に近く、自然な美しさと白さが手に入ります。金属を一切使用しないオールセラミックなので拒否反応もありません。さらに細菌の付着が少なく衛生的で安全性にも優れています。

当院では、さらにもう一世代先端と言える、インプラント本体からジルコニアでできているインプラントを使用しています。スイスのZ-systems社のもので、アメリカやヨーロッパにおいて認可を受けた安全性の高いインプラントです。インプラントだけでなく、治療において使う器具もすべてジルコニアセラミックです。

アレルギーのある方や膠原病の方も、安心して治療を受けていただけます。兵庫県川西の当院へぜひご相談ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.21更新

歯を失った場合に、入れ歯にするかインプラントにするかお悩みになる方も多いのではないでしょうか。

入れ歯の方がなじみがあるという患者様もいますが、どちらも機能性、審美性を補う治療法で、それぞれに特徴があります。たまに聞かれるのが、入れ歯(義歯)が進化したものがインプラント、という訳ではありません。患者様の症状や生活スタイルに合わせて選ぶべきものです。

今回はインプラントについて、お話します。

インプラント治療とは、歯を失った箇所にボルト状の人工歯根を埋めて、そこに人工の歯を固定する方法です。特徴としては、入れ歯のように取り外しての洗浄や手入れが不必要なことが挙げられます。また見た目も美しく、審美性に優れています。強く噛んでも違和感がなく、食事の面でも歯磨きにおいても、日常生活で自分の歯と同じように使えるのもメリットです。

ただしインプラント治療では、定期的に通院し使用経過状況をチェックする必要があるため、アフターケアが重要になってきます。自然の歯に劣らないとは言え、あくまで「人工物」です。歯科医による定期的なメインテナンスが、インプラントを長持ちさせる秘訣でもあります。

顎の骨の量や質によっては、インプラントを行うことが難しいケースもありますので、インプラントに関心がある方は、まず兵庫県川西市の当院へご相談ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.14更新

お子様はもちろん歯医者が嫌いだという方は、やはり歯の治療における痛みや不快感を思い出す方が多いのではないでしょうか。

痛みは歯科医の腕によっても異なります。

例えば削るという行為一つをとっても、正確な技術があれば、削る深さや範囲も少なくて済みます。虫歯の深さによっては、痛みを感じないようにするために麻酔注射をすることも多いですが、当院では麻酔注射を刺す痛みそのものへの配慮もしています。

注射をする前にジェル状の表面麻酔を塗って歯肉の表面をしびれさせ、針を刺す痛みを抑えます。また、電動麻酔器も使用すると、麻酔液を注入する圧力やスピードをコントロールできるため、人の手では避けられないわずかなブレや速度の乱れなどを防ぎ、液が入ってくる不快感を減らせます。

治療では、歯を削ったり歯肉に注射をするため、「全く痛みを感じない」というのは難しいのが本音ですが、各種の治療において常に痛みの軽減を心掛けて、少しでも患者様の痛みを和らげて、リラックスしていただけるようにスタッフ一同努めております。

兵庫県川西市の当院では、歯の治療における痛みに細心の注意を払っております。不安感の強い方も、ぜひ相談にいらしてください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.07更新

歯の治療について、じっくり考えたことはありますでしょうか。

当院の行う治療は、ただ痛みを取るというものではありません。「削る」という行為は、「歯の一部を失う」という重大なことだと認識しながら治療を進めています。

歯を失うと口内環境に変化がでてきます。例えば、削ったことで噛み合わせが悪くなれば、力の入れ具合などが変わってきます。ほかの健康な歯に影響が及び、新たな虫歯や歯周病を招いたり、顎関節症などの顎の疾患を引き起こしたりすることがあります。

また、粗く削ったことでかえってプラークが溜まりやすくなり、治療後に虫歯が再発したり、歯周病になってしまったり、とそんな治療では本末転倒でしょう。そのため当院では、その場しのぎの治療はいたしません。この治療を行うことで起こり得るリスクやメリットなどを見据え、歯の削り方ひとつから気を配って治療を行います。

噛み合わせや歯並びなど、できるだけ早く改善しておくと、将来的なリスクを削減できる場合などもあるため、その都度、ご提案いたします。10年後、20年後にもこの治療は効果を発揮し続けているか、と意識しながら、患者様のお口の健康を守る手助けをしたいと思っております。

将来を見据えた歯の治療なら、兵庫県川西市の当院へご相談ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.03更新

定期的な歯科検診を続けていますでしょうか?

治療の一つ前の段階、「予防歯科」で虫歯や歯周病を防げるに越したことはありません。近年、予防歯科の重要性が広まってきているとは言え、定期的に検診を受けている人は10%以下と言われています。

つまり痛くなって症状がひどくなってから行く、という方がほとんどということです。

治療によって痛みはなくなり元の状態に近くはなりますが、歯を削ったことで二次元的な虫歯のリスクが高まり、噛み合わせの不都合にもつながります。歯周病でも、一度溶けてしまった顎の骨が戻ってくることはありません。

一度、削った歯は元には戻りません。ご自身の自然の歯を健康に保つためにも、定期的な歯科検診をお勧めしています。

もし虫歯になっても初期段階で発見できれば、当然、削る範囲を狭く浅くすることが可能です。治療に伴う痛みも少なくすみます。

また、定期健診では噛み合わせのチェックも行っています。噛み方の癖や歯の欠損などにより、歯は動き噛み合わせも少しずつ変化しているのです。

バランスが崩れると、噛み合わせに大きな影響を与えたり、負担が掛かる歯が偏ったりします。バランスの良い口内環境を保つためには、歯を削り被せものをすることもありますので、しっかり検診致します。

予防歯科なら、兵庫県川西市の当院にお任せください。

投稿者: 浜田歯科医院

  • 審美専門 NAVI審美専門 NAVI
  • デンタル ローンデンタル ローン
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド
  • 初診予約はこちらから初診予約はこちらから
  • 072-757-4182 平日9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日 土曜午後、木、日、祝日
  • メールでのお問い合わせ
  • 初診予約はこちらから