浜田歯科医院ブログ

2017.04.28更新

みなさん、健康診断は定期的に行われているのではないでしょうか。学生の頃は少し面倒だな、と思っても、大人になると自分の身体への責任感からいろいろな数値が気になるものです。そんな身体への気遣いが気になってきた方、歯の検診は行っていますか?

日本では、歯医者は「痛くなってから」行くところ、という認識の方がまだまだ多いです。痛くなった歯を放置していると、最悪抜歯という事にもなりかねませんので、症状が軽いうちに治してしまうのが得策です。

また体質的に虫歯になりにくい方は、特に歯医者に行く機会が少なくなりがちです。あまり虫歯になったことがない、子供のころ以来に歯医者に行った記憶がない、という方は特に歯周病にしてください。

日頃の歯磨きで取れる歯垢は60%と言われています。どんなに一生懸命磨いても自分だけでは限界があり、そのような取りきれない汚れは少しずつたまっていって歯石になります。

歯石は歯周病の原因となる細菌の巣で、歯周病が進むと口臭が気になったり、さらに進行すると歯を支える骨がとけて歯が抜けたりします。残念ながら歯石は歯ブラシでは除去できませんので、歯医者でとってもらう必用があるものです。

歯もあなたの身体の一部です。自分の身体のメンテナンス同様に、歯もメンテナンスしましょう。川西市や池田市の歯の検診なら当院へお越し下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.04.26更新

一昔前の歯医者は「痛い、怖い」といったイメージが強く、小さいお子さまに限らず、大人でも歯医者が苦手な方は少なくないものです。これは、歯医者に行かない→痛くなってからから行く→深く削るので痛い→ますます歯医者に行きたくなくなる。という負のループができあがることによります。

 

しかし現在は、麻酔の技術も向上していますし、当院でも無痛治療をおこなっています。通っている歯医者で、痛くない治療ができれば、歯医者のイメージは「痛い、怖い」にはなりにくいのではないでしょうか。

 

幼少期の経験は、その成長に大きく関与しますので、お子さんの初めての歯医者は慎重に医院を選ぶべきです。当院では10年後、20年後先を見据えた治療を大事にしています。幼少期の重要な、いわば土台作りのための期間を、本人や親御さんと一緒に作っていくつもりで治療に当たっています。

 

とはいえ、お子さんにとって歯医者は「怖い」というイメージが先だつものですし、歯医者の雰囲気、歯を削る時のドリルの音や振動、痛みというものはそうすぐに慣れるものではありません。

 

このため当院では、大人の方はもちろんお子さまへの定期検診をおすすめしています。まず検診で定期的に歯医者へ通っていれば、怖いというイメージは徐々に軽減されていきますし、虫歯の予防や早期発見はもちろん、虫歯を早く発見できれば削る範囲も通院回数も少なくなります。

 

このように歯医者に通う事に慣れると、将来的な歯の健康への意識が高まり、年をとっても自分の歯が多く残る事になります。お子さまのお口の健康を守るために、歯医者選びはぜひ無痛治療の当院へお越し下さい。宝塚市周辺の、お子さまがいらっしゃるご家庭の皆様、お待ちしております。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.04.19更新

患者様のお口の健康を取り戻し守っていくのは、言うまでもなく歯科医院の役目ですが、それだけではなくもう一歩踏み込んだ「健康で美しい歯」を求められるケースも年々増えてきています。

保険で認められているインレーと呼ばれる詰め物や、クラウンと呼ばれる被せものは銀でできており、経年により酸化してさびてきます。また接着するセメントが溶けて銀歯の下に虫歯ができたりします。

笑った時に銀歯が見えてしまうのも嫌なものです。人に銀歯を見られるのが嫌、劣化しにくい詰め物がいい、と審美的に考える患者様や、それに答える事のできる技術を持つ歯科医も増えています。もちろん当院でも審美歯科の分野に力を入れています。

代替素材の材質としては、セラミックやゴールド、ジルコニアといったさまざまなものがあります。硬さや身体への親和性、見た目の美しさ、磨耗しにくさなど、それぞれの材質にメリットとデメリットがありますので、詳しくは医師にご相談ください。

伊丹市周辺で審美歯科をお探しならまずは当院までお気軽にご相談ください。当院では、一人ひとりの患者様に最適な治療をするために、じっくりカウンセリングを行っております。小さな疑問でもお気軽にお尋ねください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.04.12更新

4月になって新生活が始まる方は多いと思いますが、そのような方はもちろんそうでない方にとっても、新しい場所や新しい人に会う時に大切なのが第一印象です。

 第一印象が良いと今後に有利ですが、第一印象を良くする答えの一つは、「笑顔」です。笑顔でにっこり挨拶すれば、悪い印象を持つ人は少ないですし、その笑顔に白い歯が見えたらよりすてきです。

兵庫県川西市の当院では歯のホワイトニングを行っております。当院のホワイトニングには3種類ありますので、一人ひとりに最適なホワイトニングをご提案可能です。

 1つ目はホームホワイトニングというもので、専用トレーを使って、ご自宅で患者様ご自身で行っていただく方法です。もちろん、事前に当院でしっかりご説明しますのでご安心ください。

 2つ目はオフィスホワイトニングといい、これは当院にご来院いただいてホワイトニングを行う方法で、ホームホワイトニングよりも短期間で白くなるのが特徴です。

 3つ目がデュアルホワイトニングといい、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを同時に行う方法で、一番効果の高いものです。

 川西市エリアでホワイトニングをお考えの皆さん、ぜひ一度当院にご相談ください。スタッフ一同お待ちしています。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.04.05更新

豊中市周辺で、失ってしまった歯を入れたい方はぜひ当院へご相談ください。

事故や虫歯、歯周病などの理由で失った歯をおぎなうには、主にブリッジ、義歯、インプラントの3つの方法があります。誤解されがちなのですが、歯を抜いた後に差し歯はつけられません。差し歯は歯の根っこが残っている状態で、それに被せる形でつけるものです。

ブリッジは、失った歯の両脇にある歯を利用して失った歯を復元します。ただし、両隣にある健康な歯を削る必要がありますが、義歯よりも違和感は少ないものです。

義歯とはいわゆる入れ歯です。失った歯の隣の歯にバネをかけるため、両隣の歯に負担がかかります。ブリッジは着脱式でないため、歯間ブラシやフロスを使わないと不衛生になりがちですが、義歯は着脱式で清掃は行いやすいものです。人工物をお口の中に入れるので慣れるまでは違和感があります。

インプラントとは、失った歯の代わりに人工歯根を埋めて、その上から人工の歯を被せて固定する治療です。インプラントは、ブリッジや義歯のデメリットをクリアできる治療ですが、保険外の治療で費用が高額になります。また、人工歯根が安定するまで、ある程度の期間が必要なため、時間がかかるというデメリットがあります。

当院では、患者様に最適な治療をご提案するために、一人ひとりにじっくりカウンセリングをさせていただいております。失った歯にお悩みでしたらぜひ一度ご来院ください。

投稿者: 浜田歯科医院

  • 審美専門 NAVI審美専門 NAVI
  • デンタル ローンデンタル ローン
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド
  • 初診予約はこちらから初診予約はこちらから
  • 072-757-4182 平日9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日 土曜午後、木、日、祝日
  • メールでのお問い合わせ
  • 初診予約はこちらから