浜田歯科医院ブログ

2017.07.26更新

ホワイトニングで美しく白い歯の輝きを取り戻しませんか。

近年、ホワイトニングをされる方は増えています。当院でも力を入れていますが、手に入れた白い美しさを少しでも長持ちさせるために、治療後のケアにも丁寧に取り組んでいます。当院で採用している薬剤は「ティオンホワイトニング」で、厚生労働省の認可のある、低刺激でかつ高い効果を実感できると言われているものです。

ホワイトニングの方法は主に2種類あります。ご自宅でしていただくホームホワイトニングと、歯科医院で受けていただくオフィスホワイトニングです。

歯科医の指導のもと、ご自宅で患者様が行うホームホワイトニングは、患者様に合わせて作製したマウスピースに薬剤を入れて装着していただく方法です。効果を実感するのに少し時間がかかりますが、色の後戻りも緩やかで長持ちが期待できます。

一方、歯科医院で受けていただくオフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングよりも高濃度の薬剤を歯に塗布します。短期間で効果を得られやすいですが、色の戻りは比較的早くなってしまうことがあります。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせた方法が、デュアルホワイトニングで、こちらは両方のメリットを生かせられます。

ホワイトニングをした後も、日常生活を送っていると、歯の色は少しずつ後退してしまいます。長持ちさせるために、定期的なメンテナンスや毎日のブラッシングを大切にしてください。ホワイトニングなら兵庫県川西市の当院へお任せください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.07.19更新

親知らずの抜歯についてお考えになったことはありませんか。

歯医者さんで、一度は勧められたことがある方も多いのではないでしょうか。親知らずとは、前歯から数えて8番目に生える歯のことです。現代人の多くの方は、顎が小さく、親知らずが生える十分なスペースがありません。親知らずは、必ずしも抜歯する必要がある訳ではありませんが、親知らずが周りの歯や周辺の歯肉に悪い影響を与えている場合には、抜歯をお勧めしています。

もちろん、まっすぐ生えている、または埋まっている場合などは問題ありません。上下そろって生えていて、お互いが正しく噛み合っているかも重要です。噛み合う相手がいなければ、歯はどんどん伸びて、歯肉を傷つけるおそれがあります。噛み合う力のバランスが悪いと、一部の歯や顎の筋肉に負担が掛かり、顎関節症などを引き起こすおそれがあります。

また、横に向いて生えていれば隣の歯を圧迫してしまいます。周囲を傷つけて炎症を起こすことがあるほか、横の歯を押しているので歯並びを悪化させてしまうこともあります。これらのうち、どれかの症状に当てはまる場合は、兵庫県川西市の当院にご相談ください。

ご自身で状態が分からないことも多いと思いますので、ぜひ一度、親知らずのチェックにご来院ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.07.12更新

ご自身の歯の噛み合わせについて考えたことがあるでしょうか。

噛み合わせのバランスがとれていれば、咀嚼するときに力を入れても、掛かる負担は歯や筋肉にうまく分散されています。この負担の分散がとても大切で、噛み合わせに問題があり、うまく分散できていないと、歯や歯肉の寿命を縮めかねないのです。

しかし、自分の噛み合わせが良いのか悪いのか、ご自身ではなかなか気づけないかもしれません。当院では、噛み合わせに重点を置いた治療を進めています。顎や歯などに痛みを感じる前に、一度、噛み合わせのチェックを受けられてみてはいかがでしょうか。もちろん、症状が出てしまった方もご相談ください。

例えば、家族に歯ぎしりを指摘されたり、起床時に顎に疲れを感じたりした経験はありませんか。こめかみに痛みを感じたり、顎関節に痛みや違和感があったりする方もいらっしゃいます。当院では、麻酔注射やナイトガードなどを使用し、顎関節周辺をリラックスさせる治療を行っています。

ナイトガードとは、歯ぎしりの治療に使用する、プラスチック製のマウスピースのことです。歯ぎしりによる歯のすり減りを防止するだけでなく、顎関節、顎の筋肉をリラックスさせる効果もあります。顎を固定して動かなくするマウスピースとの違いです。

噛み合わせや顎関節症、歯ぎしりなどの治療なら、兵庫県川西市の当院へお任せください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.07.05更新

今回は、インプラントのシステムについてご紹介します。

当院では、世界的なインプラントシステムのシェアを誇るノーベルバイオケア社製の「ノーベルガイドシステム」を採用しております。このインプラントは、「骨と結合するインプラント」として歯科医療において、世界で初めて臨床応用された実績があります。同社は、インプラントメーカーのパイオニアとも言えます。

最大の特徴は、コンピュータで正確なシミュレーションを行うため、より精密で安全なインプラント手術が可能であることです。そして、歯茎を切らないインプラントが受けられる点もポイントです。切開手術が必要ないため、痛みや腫れが少なく、体への負担を最小限に抑えられます。患者様の歯の状態によっては、仮歯を入れてその日のうちに噛める方もいらっしゃいます。

治療の流れとしては、CT撮影した画像から3D画像を起こし、コンピュータ上で手術のシミュレーションを行い、インプラントの埋入位置を決めます。患者様の情報を技工所へ送り、インプラントを埋入するためのガイドと仮歯などを製作します。手術当日は、ガイドを歯肉に装着して、ガイドに沿ってインプラントを埋入します。

その後、埋め込んだインプラントに、最終的な被せ物を付けて完了です。より安全性の高いノーベルガイドシステムによるインプラント治療なら、兵庫県川西市の当院へお任せください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.28更新

審美性に優れているインプラントとはいえ、金属の土台を使うインプラントでは、その上にセラミックなどの白い歯を装着しても、中が透けたり歯茎から金属が見えたりすることが課題になっていました。

そこで当院では、金属を使わない「ジルコニアインプラント」というものを採用しております。酸化ジルコニウムという新しい素材で、金属を使用しないインプラントの土台になります。このため前歯のような審美性を追求するインプラント治療においても、美しく自然な人工歯を装着できるのです。

ジルコニアセラミックは、強度と安定性に優れ腐食しにくいという特徴があります。時間が経った後も、奥歯などの強い噛み合わせにも耐えられます。また、これまで以上に天然歯に近く、自然な美しさと白さが手に入ります。金属を一切使用しないオールセラミックなので拒否反応もありません。さらに細菌の付着が少なく衛生的で安全性にも優れています。

当院では、さらにもう一世代先端と言える、インプラント本体からジルコニアでできているインプラントを使用しています。スイスのZ-systems社のもので、アメリカやヨーロッパにおいて認可を受けた安全性の高いインプラントです。インプラントだけでなく、治療において使う器具もすべてジルコニアセラミックです。

アレルギーのある方や膠原病の方も、安心して治療を受けていただけます。兵庫県川西の当院へぜひご相談ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.21更新

歯を失った場合に、入れ歯にするかインプラントにするかお悩みになる方も多いのではないでしょうか。

入れ歯の方がなじみがあるという患者様もいますが、どちらも機能性、審美性を補う治療法で、それぞれに特徴があります。たまに聞かれるのが、入れ歯(義歯)が進化したものがインプラント、という訳ではありません。患者様の症状や生活スタイルに合わせて選ぶべきものです。

今回はインプラントについて、お話します。

インプラント治療とは、歯を失った箇所にボルト状の人工歯根を埋めて、そこに人工の歯を固定する方法です。特徴としては、入れ歯のように取り外しての洗浄や手入れが不必要なことが挙げられます。また見た目も美しく、審美性に優れています。強く噛んでも違和感がなく、食事の面でも歯磨きにおいても、日常生活で自分の歯と同じように使えるのもメリットです。

ただしインプラント治療では、定期的に通院し使用経過状況をチェックする必要があるため、アフターケアが重要になってきます。自然の歯に劣らないとは言え、あくまで「人工物」です。歯科医による定期的なメインテナンスが、インプラントを長持ちさせる秘訣でもあります。

顎の骨の量や質によっては、インプラントを行うことが難しいケースもありますので、インプラントに関心がある方は、まず兵庫県川西市の当院へご相談ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.14更新

お子様はもちろん歯医者が嫌いだという方は、やはり歯の治療における痛みや不快感を思い出す方が多いのではないでしょうか。

痛みは歯科医の腕によっても異なります。

例えば削るという行為一つをとっても、正確な技術があれば、削る深さや範囲も少なくて済みます。虫歯の深さによっては、痛みを感じないようにするために麻酔注射をすることも多いですが、当院では麻酔注射を刺す痛みそのものへの配慮もしています。

注射をする前にジェル状の表面麻酔を塗って歯肉の表面をしびれさせ、針を刺す痛みを抑えます。また、電動麻酔器も使用すると、麻酔液を注入する圧力やスピードをコントロールできるため、人の手では避けられないわずかなブレや速度の乱れなどを防ぎ、液が入ってくる不快感を減らせます。

治療では、歯を削ったり歯肉に注射をするため、「全く痛みを感じない」というのは難しいのが本音ですが、各種の治療において常に痛みの軽減を心掛けて、少しでも患者様の痛みを和らげて、リラックスしていただけるようにスタッフ一同努めております。

兵庫県川西市の当院では、歯の治療における痛みに細心の注意を払っております。不安感の強い方も、ぜひ相談にいらしてください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.07更新

歯の治療について、じっくり考えたことはありますでしょうか。

当院の行う治療は、ただ痛みを取るというものではありません。「削る」という行為は、「歯の一部を失う」という重大なことだと認識しながら治療を進めています。

歯を失うと口内環境に変化がでてきます。例えば、削ったことで噛み合わせが悪くなれば、力の入れ具合などが変わってきます。ほかの健康な歯に影響が及び、新たな虫歯や歯周病を招いたり、顎関節症などの顎の疾患を引き起こしたりすることがあります。

また、粗く削ったことでかえってプラークが溜まりやすくなり、治療後に虫歯が再発したり、歯周病になってしまったり、とそんな治療では本末転倒でしょう。そのため当院では、その場しのぎの治療はいたしません。この治療を行うことで起こり得るリスクやメリットなどを見据え、歯の削り方ひとつから気を配って治療を行います。

噛み合わせや歯並びなど、できるだけ早く改善しておくと、将来的なリスクを削減できる場合などもあるため、その都度、ご提案いたします。10年後、20年後にもこの治療は効果を発揮し続けているか、と意識しながら、患者様のお口の健康を守る手助けをしたいと思っております。

将来を見据えた歯の治療なら、兵庫県川西市の当院へご相談ください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.06.03更新

定期的な歯科検診を続けていますでしょうか?

治療の一つ前の段階、「予防歯科」で虫歯や歯周病を防げるに越したことはありません。近年、予防歯科の重要性が広まってきているとは言え、定期的に検診を受けている人は10%以下と言われています。

つまり痛くなって症状がひどくなってから行く、という方がほとんどということです。

治療によって痛みはなくなり元の状態に近くはなりますが、歯を削ったことで二次元的な虫歯のリスクが高まり、噛み合わせの不都合にもつながります。歯周病でも、一度溶けてしまった顎の骨が戻ってくることはありません。

一度、削った歯は元には戻りません。ご自身の自然の歯を健康に保つためにも、定期的な歯科検診をお勧めしています。

もし虫歯になっても初期段階で発見できれば、当然、削る範囲を狭く浅くすることが可能です。治療に伴う痛みも少なくすみます。

また、定期健診では噛み合わせのチェックも行っています。噛み方の癖や歯の欠損などにより、歯は動き噛み合わせも少しずつ変化しているのです。

バランスが崩れると、噛み合わせに大きな影響を与えたり、負担が掛かる歯が偏ったりします。バランスの良い口内環境を保つためには、歯を削り被せものをすることもありますので、しっかり検診致します。

予防歯科なら、兵庫県川西市の当院にお任せください。

投稿者: 浜田歯科医院

2017.05.31更新

小さなお子さんには、歯医者とはこわいものだというイメージがあると思います.

当院では、初めて来院したお子さんには、ご了承を得たうえでレントゲン写真を撮り、治療個所を含め口腔全体の検査を行います。これは、できるだけ早いうちにお子さんの口腔内の状態を把握し、長い目で見た歯科治療の対策を立てるためです。

写真や実際の口腔内をもとに、今後の歯の生え方、ご家庭でのブラッシングでの注意点、虫歯になりそうな歯や、すぐ始めた方がいい治療についてお伝えします。当院ではできる限りの無痛治療を心がけていますので、親御さんにも安心していただけます。

残念ながら治療が必用なお子さまにも、虫歯の治療はこわくないということを、お伝えいただけたら思います。当院では麻酔や削り方など痛くない治療を選択します。もちろん可能であれば、治療はしないにこしたことはありません。お子さんの場合は「定期検診」にいく、ということを親御さんが心がけていただけたらと思います。

定期検診で早めに疾患が見つかれば、最小限の範囲を削る治療で済みます。治療時間も短時間で済みますし、なによりお子さまが歯医者を怖がる理由が減るのです。また、虫歯になる直前の歯が見つかれば、その歯をしっかり磨くなど、お口のケア方法をお伝えすることで虫歯をくいとめられるかもしれません。

このように、小児医療には定期検診が非常に有効です。伊丹市界隈でお子さんの歯の治療にお悩みの方は当院までご連絡ください

投稿者: 浜田歯科医院

前へ
  • 審美専門 NAVI審美専門 NAVI
  • デンタル ローンデンタル ローン
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド
  • 初診予約はこちらから初診予約はこちらから
  • 072-757-4182 平日9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診日 土曜午後、木、日、祝日
  • メールでのお問い合わせ
  • 初診予約はこちらから